育毛剤の効果が出ない人の特徴とは?

育毛剤の効果が出ない人の特徴とは?

同じ育毛剤を使っても、全く効果の出ない人とすごく効果の上がる人がいます。個人差があるというのは理解しているけど、ここまで差が出るものなのか?

 

ここでは育毛剤の効果がでない人の特徴を説明します。

 

病理的症状や薬物による脱毛

これはそもそも育毛剤では効果を出すことが不可能な症状です。具体的には、

  • 自己免疫疾患による「円形脱毛症」 
  • 自分で髪を抜いてしまう精神疾患の「抜毛症」
  • 抗がん剤などの「薬物摂取による脱毛」

 

これらの脱毛症状は、育毛剤が想定しているAGA(男性型脱毛症)とは脱毛の仕組みが異なるため育毛剤の効果は見込めません。専門医による治療が必要です。

 

結果を急ぎ過ぎていないか?

上記に該当する人以外で最も多いのが「すぐに効果が出ないと辞めてしまう」という人です。一般的にどれほど即効性があると言われる育毛剤であっても、半年は使用することを前提に製造しています。

 

たまたま相性がよく1か月程度で効果を実感する人もいますが、それは少数派の意見です。なかなか効果が出ずに焦る気持ちはとてもよく分かりますが、最低でも半年という中長期的な視野を持って育毛を進めていくことが大切です。

 

生活習慣がボロボロ

食事・睡眠・運動・喫煙・飲酒、これらの普段の生活習慣のバランスが取れていない人も育毛剤の効果は出にくいです。どれだけ育毛剤が優れていても、それを受ける体のほうがボロボロでは効果なんて受けられません。こちらで詳しく書いていますので参考までに。

 

育毛剤の効果が出ないのは、6つの悪しき生活習慣が原因かも?

 

頭皮に皮脂が詰まっていて成分が浸透しない

こちらは頭皮環境が悪いために、育毛剤の成分がしっかり浸透せずに流れてしまっている状態の人です。浸透していないのだから効果が出なくて当然ですね。頭皮の毛穴詰まりを解消するシャンプーを心がけてください。こちらで詳しく書いていますので参考までに。

 

育毛剤を早く効かせるための正しいシャンプーのやり方とは?

 

その育毛剤、本当に効くの?

そもそもの話、今使っている育毛剤自体が効果のないものである可能性も考えないといけません。

 

現在世界に育毛剤として売られているものは100種を超えます。その中には全く効果の無いものや、マイナスになりそうなものまで含まれています。そんなものを毎日使っていても効果の出ることはありません。

 

まず高い効果が見込める育毛剤選びからスタートすることが大切です。

 

こちらの育毛剤はどれも効果の高いものとなっています。もし試してみようかなと思うのであれば、ぜひ即効性の高いIQOS(イクオス)から試してみてはいかがでしょうか。